安全性・品質生・効率性の高い給食経営システムを目指して

一般社団法人日本医療福祉セントラルキッチン協会

メールお問い合わせはこちらから

イベント・セミナー

第9回「クックチルリーダー養成・認定講座」受講者募集!

  • 会員価格あり
  • 一般
主催/一般社団法人日本医療福祉セントラルキッチン協会

世界にも例を見ない急激な少子高齢化が進むわが国では、国民医療費の拡大抑制を主眼とする医療制度 改革の一環として、数次にわたる診療報酬の見直しが実施されてきました。

また、2005年10月には、介護保険施設における食事サービス費給付の見直しが施行され、全額が本人 負担となりました。さらに、2015年の医療保険制度改革によって、入院患者の食事代負担額を2018年度 までに1食260円から460円に引き上げることが決定されました。その結果、医療・福祉施設の栄養部門には、 コスト低減や業務の効率化、品質の向上に加えて、深刻化する人手不足を克服するための対策が強く求め られています。

同時に、ノロウィルスや病原性大腸菌O157など、多様化する食中毒のリスクから患者さまやご利用者を 守る万全な衛生管理の実践は、施設にとって待ったなしの課題です。

こうした厳しい状況を打開する方法として、ここ数年、医療・福祉施設での導入が目に見えて増加し始めて いるのが、調理作業の生産性や食事の安全性の向上、食材費・人件費・光熱費等のコスト低減などに高い 貢献ポテンシャルを持つクックチル・ニュークックチルシステムです。

そこで協会では、セントラル・サテライト方式の食事サービス実践における前提条件でもあるクックチル・ ニュークックチルに関する深い知識と調理技術・運営ノウハウを習得した専門家リーダーの養成を目的と する「クックチルリーダー養成・認定講座」を開設し、これまで8回実施して参りました。そしてこのたび、 「神奈川県医療事業協同組合 かながわセントラルキッチン」のご協力の下、第9回目を実施することと致しました。

管理栄養士、栄養士、調理師はもちろんのこと、関連業務に携わられ、食事サービスの向上に高い理念と 志をお持ちの幅広い分野の皆さまのご参加をお待ちしています。
■日時

2018年7月26日(木)~28日(土)【3日間】

■会場

神奈川県医療事業協同組合 かながわセントラルキッチン


神奈川県横浜市鶴見区矢向1-5-30
■対象 ・医療・介護・福祉施設の管理栄養士、栄養士、調理師および管理責任者
・給食委託企業、厨房機器メーカー、食材メーカー等の管理栄養士、栄養士、調理師 他
■定員 8名限定(定員になり次第、締め切らせていただきます)
■受講料 (一社)セントラルキッチン協会会員…¥90,000/名(消費税別途)
・その他一般の方…¥100,000/名(消費税別途)

※上記の受講料にはテキストおよび3日間の昼食代金が含まれています。
テキスト 1)研修講義テキスト
  ①「フードサービスの課題とクックチルの活用法」(楠見五郎著・幸書房刊)
  ②「病院給食施設の設計マニュアル」((社)日本エレクトロヒートセンター刊)
  ③講師作成のオリジナルテキスト資料

2)体験実習資料
  ①クックチル調理レシピおよび標準作業手順書、衛生管理マニュアル、
 各種帳票のサンプル

PAGE TOP