安全性・品質生・効率性の高い給食経営システムを目指して

一般社団法人日本医療福祉セントラルキッチン協会

メールお問い合わせはこちらから

協会について

平成29年度の活動計画概案

1.新規会員の獲得

■目標会員数

 ○法人会員 70法人
 ○個人会員 40名
 ○賛助会員 65社
2.広報活動

(1)ホームページの充実・強化

1)一般公開分
  ・TOPICS情報
  (新設セントラルキッチンの紹介、医療・介護・福祉関連情報 他)
  ・賛助会員の企業紹介
  ・賛助会員の商品紹介

2)会員対象分
  ①専用コンテンツ
  ・セントラルキッチン経営講座
  ・新調理システム講座
  ・Q&Aコーナー
  ②メールマガジンの配信(月1回・全12回)
  ・シリーズコラム(マネジメント、設計、衛生管理、新調理システム等からテーマを選択)
  ・先進施設訪問レポート
  ・見学会、各種セミナーの優先案内
  ・賛助会員企業の新製品紹介

(2)第5回「嚥下食メニューコンテスト」の実施

・「フードシステムソリューション2017」の会場での決勝審査実施を軸に企画構成

(3)各種パブリシティ活動の実施

3.研修活動

セントラルキッチン事業化セミナー ※有料

・各支部主催で計3回実施し、会員拡大に資する。

(2)嚥下食セミナーおよび嚥下食実習講座 ※有料

・札幌・仙台・大阪・岡山・福岡等各ブロックの拠点都市で開催し、会員拡大及び
 コンテストへの応募作品増に結びつける。

(3)施設見学会 ※有料

・年2回実施(北海道・彩道新施設 他)

(4)クックチルリーダー養成・認定講座 ※有料

・本講座の受講者獲得のための「導入講座」とのセット方式により大阪・東京で各1回実施
1)大阪地区
  ①4月中旬~5月中旬「新調理システム導入・実践セミナー」実施
   (於大阪ガス・ハグミュージアム)
  ②5月下旬~6月中旬「クックチルリーダー養成・認定講座」実施
   (於メディカルフーズはぁもにぃ)
2)東京地区
  ①7月「新調理システム導入・実践セミナー」実施
   (於エフ・エム・アイ東京本社テストキッチン)
  ②10月~11月「クックチルリーダー養成・認定講座」実施
   (於かながわセントラルキッチン)

(5)その他の研修活動計画案

1)厨房設計セミナー
2)給食業務アセスメントチーム派遣
4.分科会活動

昨年度に続き、会員有志で構成するワークショップ形式の分科会活動を実施

(プロジェクト候補案)
(1)「会員相互間の緊急時代行保証システム制度」創設および実施サポート
(2)「セントラルキッチン建設ガイドライン」の取りまとめ
(3)「完調品を有効活用した給食業務運用モデル」の開発・作成
5.その他 ・北・東・西の3ブロック支部の創設&組織活動体制の構築
・賛助会員による専門委員会の創設(「厨房設計委員会」・「食材開発委員会」等)
・作業改善における人材育成活動への支援

PAGE TOP