安全性・品質生・効率性の高い給食経営システムを目指して

一般社団法人日本医療福祉セントラルキッチン協会

メールお問い合わせはこちらから

NEWS

平成28年11月18日 会員様限定参加の第8回「セントラルキッチン見学会」を実施しました。

平成28年度における2回目の施設見学会を、株式会社あおもりコープフーズ「あおもりセントラルキッチン」の協力を得て開催しました。
今回は、20名の参加者の半数以上が東京地区の会員で占められていたため、12時40分に「新青森駅」改札口に集合し、タクシーに分乗してセントラルキッチンへ移動。13時15分から当協会の吉田代表理事の挨拶で見学会をスタートしました。続いてあおもりコープフーズ社長の河端和利氏から施設の概要を紹介いただいた後、「あおもりセントラルキッチン」で調理し、地域の在宅高齢者の方々に配食されている弁当を、昼食として試食体験。
参加者の皆さまは、食材構成や栄養バランスを考慮した彩り豊かな弁当の味に感心しきりで、「おいしい」を連発しながら舌鼓を打っておられました。

吉田代表理事より挨拶 河端社長より施設の概要紹介 スタッフ紹介
吉田代表理事の挨拶 河端社長より施設の概要紹介 昼食の弁当

その後14時10分から、10名ずつの2班に分かれて厨房施設内を見学。ゆったりとした広いスペースに配置された最新の厨房・空調等の設備機器はもちろんのこと、検収から下処理、加熱・冷却、ピッキングまでのワンウェイの作業動線や、細部まで食品安全確保への細やかな工夫が施された床・壁・ドアなどの仕上げ、さらには行き届いた清掃など、参加者は懇切な説明を聞きながら、それぞれ写真撮影やメモ書きに余念がない様子でした。

入荷室 加熱調理室 冷却室
入荷室 加熱調理室 冷却室

予定の1時間をオーバーして、じっくりと施設見学を行った後は、河端社長による「あおもりコープフーズの事業理念とセントラルキッチンの設備・運営のポイント」と題した講演を聴講。
河端社長は、生協が給食・配食事業への取り組みを始められた背景・目的からセントラルキッチン施設開設までの経緯、さらには投資金額の内訳や事業損益計画などの踏み込んだ情報に至るまでを、秘蔵なくお話しくださり、参加者にとってはとても貴重な講演となりました。
最後に質疑応答を行いましたが、参加者からは献立計画やレシピ、食材の仕入れ、施設の建築・設備計画などに関する実務的な質問が相次ぎ、中身の濃い議論の場となりました。

河端社長の講演 質疑応答 質疑応答
河端社長の講演 質疑応答 質疑応答

締めくくりとして、協会の楠見理事が「あおもりセントラルキッチン」の関係者ならびに参加者へのお礼のご挨拶を行い、見学会を終了しました。
今回もお陰さまで、ご協力いただいたアンケートにも、「カット野菜や冷凍食材を使用せずに運用されているのに驚いた」、「予想以上に少ない人員で効率的に運用されており、感心した」、「仕入れから在庫管理、下処理、加熱・冷却、衛生管理までトータルに見学でき、大変参考になった」など、感動や感謝のコメントを数多くいただくことができました。
河端社長をはじめとする「あおもりセントラルキッチン」の関係者の皆さまに、心から感謝申し上げます。

■開催概要

第8回「セントラルキッチン見学会」

日時:平成28年11月18日(金) 13:00~16:30
場所:株式会社あおもりコープフーズ あおもりセントラルキッチン
〒030-0142 青森県青森市野木字山口164番地68 TEL 017-752-8181

■進行概要

12:40 「新青森駅」改札口に集合。マイクロバスで移動

13:00 「あおもりセントラルキッチン」着、受付

13:15 挨拶および施設ガイダンス

13:30 昼食(施設で調理されたメニューを体験)

14:10 施設見学(2班に分かれて実施)

15:10 【講演】

「あおもりコープフーズの事業理念とセントラルキッチンの設備・運営のポイント」

講師:株式会社あおもりコープフーズ 代表取締役 河端 和利氏

16:00 質疑応答

16:30 終了・マイクロバスで「新青森駅」へ移動

17:00 「新青森駅」で解散

PAGE TOP