安全性・品質生・効率性の高い給食経営システムを目指して

一般社団法人日本医療福祉セントラルキッチン協会

メールお問い合わせはこちらから

NEWS

平成25年5月24日(金)会員様限定の第3回「セントラルキッチン見学会」を実施しました。

平成25年度上期の行事として、第3回「セントラルキッチン見学会」を、徳州会グループ「千葉セントラルキッチン」の協力のもと、千葉県柏市で募集定員数20名の参加を得て開催しました。

定刻の10時30分に「千葉セントラルキッチン」の食堂に集合し、当協会の宮野鼻事務局長の挨拶と進行プログラムの説明で見学会をスタート。続いて徳州会グループ 栄養部会代表の山元美恵子氏から豊島智行センター長と須藤和子副センター長の紹介と施設の概要説明を受け、11時に厨房内の見学が始まりました。

セミナースタート 金谷節子氏の講演
徳州会グループ 栄養部会代表
山元美恵子氏
豊島智行センター長と
須藤和子副センター長
当協会常務理事 川口靖夫氏

施設見学は10名ずつの2班に分かれて実施。A班は豊島センター長、B班は徳州会グループ(株)ダイエタリーケア顧問で、当協会常務理事の川口靖夫氏が説明係を務めてくださいました。
参加者は、HACCP概念にもとづいた作業動線や調理工程、食数の増加を見込んだゆとりある厨房機器の容量確保、換気天井システムをはじめとするゾーンごとの厳格な室温維持と食材の芯温管理の徹底など、最新の設備と運営ソフトが随所に散りばめられた施設内容に、深い感銘を受けられた様子でした。

セミナースタート 金谷節子氏の講演
施設見学スタート 調理室 回収室・洗浄室

約2時間をかけた施設見学を終えて、13時からはヒーター方式・熱風循環方式の2つの方式の再加熱カートで仕上げられた昼食を試食体験。参加者は、メニューごとに再加熱方式による仕上がり具合の違いを確認し合いながら、おいしい食事を楽しんでおられました。

小野准氏による調理実演 牛山京子氏による特別講演
昼食試食 昼食メニュー

そして14時からは、山元代表による特別講演「徳州会における給食事業の展開」を聴講。明確な経営理念にもとづいて、病院、介護施設ごとのサービスの理想型を掲げ、積極果敢な取り組みを実践される徳州会グループの姿に、参加者は終始息を呑んで聞き入っておられました。

事務局よりご案内 歓談の様子
再加熱カートの説明(昼食時) 山元代表による特別講演  

最後に、当協会の楠見常務理事が徳州会グループの関係者ならびに参加者へのお礼のご挨拶を行って、見学会は終了しました。今回の見学会では、アンケートに協力くださった全ての会員から「大変参考になった」「参考になった」との回答とともに、多くの感謝のコメントをいただくことができました。
山元代表をはじめとする徳州会グループの関係者の皆さまに、心から感謝申し上げます。

■開催概要

第3回「セントラルキッチン見学会」

日時:平成25年5月24日(金) 13:30~15:30
場所:徳洲会グループ 「千葉セントラルキッチン」〒277-0805 千葉県柏市大青田712-1 TEL 04-7135-5366

■進行概要
13:30 現地集合
   ▽
10:35 挨拶および施設ガイダンス
   ▽
11:00 施設見学(2班に分かれて実施)
   ▽
13:00 昼食試食(患者様と同じ食事を体験)
   ▽
14:00 特別講演

「徳洲会における給食事業の展開」

講師:徳洲会グループ 栄養部会代表 山元 美恵子氏
   ▽
14:50 質疑応答
   ▽
15:30 終了・現地解散

PAGE TOP