安全性・品質生・効率性の高い給食経営システムを目指して

一般社団法人日本医療福祉セントラルキッチン協会

メールお問い合わせはこちらから

NEWS

平成24年11月30日(金)「嚥下食ドットコム」開設記念セミナーを実施しました。

この度、介護食・嚥下食総合情報サイト「嚥下食ドットコム」との共催により、急増する摂食・嚥下障害者へ適切な食事提供のサポートを目的としたセミナーを、株式会社エフ・エム・アイ東京本社のテストキッチンで開催。栄養士・管理栄養士を中心に65名の方に参加いただきました。

セミナーは、定刻の13:30にスタート。まず、第1部として浜松大学 健康プロデュース学部 教授の金谷節子氏が「適切な嚥下食提供のための必須条件」をテーマに講義を行い、嚥下食ピラミッドの概念から低炭水化物食、活性酸素吸収能“ORAC”等について解説しました。形態だけでなく、食品の持つ機能を活用した食事づくりの大切さを訴える金谷氏のお話に、受講者は熱心に耳を傾けていました。

第1部スタート 金谷節子氏による講演
第1部スタート 金谷節子氏による講演

金谷氏の講義に続き、第2部として金谷栄養研究所の小野准氏による調理実演を実施。「嚥下食ドットコム」に掲載されているメニューの中から3品「牡蠣と大根の田楽」L5~L3、「柿のコンポート」L5~L4、「黒糖ゼリー」全食を選択し、一つひとつ手順をなぞりながら丁寧に解説しました。料理が完成したタイミングで、あらかじめ用意しておいた試食を受講者にお配りし、美しい見た目とおいしい味、レベルに合わせた物性などを確認しました。

第2部スタート 小野准氏による調理実演 柿のコンポート
第2部スタート 小野准氏による調理実演 柿のコンポート

第2部の終了後には、株式会社エフ・エム・アイ管理栄養士の毛利伸子氏が、ブリクサーとパコジェット等の機器やそれに伴う除菌剤等の紹介を行い、希望者には説明用に作った柿のシャーベットを試食配布しました。

毛利伸子氏による商品紹介 ブリクサーとパコジェットを紹介
毛利伸子氏による商品紹介 ブリクサーとパコジェットを紹介

約10分の休憩の後、15:20からは第3部として、歯科衛生士で広島大学歯学部非常勤講師の牛山京子氏が「嚥下食と食べられない高齢者への摂食支援」をテーマに講演しました。嚥下のしくみから口腔ケアの実践と効果まで自身の経験と理論をベースに具体的に説明。簡潔で明瞭なスライド資料と映像や受講者に協力いただいた実験などを交えた説明は非常に分かり易く、嚥下防止やおいしく食べる為の前提条件として、口腔ケアの重要性を広く理解いただけたものと思います。

牛山京子氏による講演 受講者の協力を得ての実験
牛山京子氏による講演 受講者の協力を得ての実験

最後に、事務局より「(社)日本医療福祉セントラルキッチン協会」及び「嚥下食ドットコム」の紹介を行い、セミナープログラムは終了しました。セミナー終了後にも、講師に個別に挨拶や質問・相談に訪れる熱心な受講者が数多く見られ、内容の濃い充実したセミナーとなりました。

受講者に協力いただいたアンケートには、「大変分かり易く、時間もちょうどよかった」、「勉強になった」、「レシピにこんな発想があるのかと驚いた」、「ケアの大切さに感銘を受けた」など好評な意見をたくさんいただけ、盛況裡に終了することができました。
3名の講師をはじめ関係各位に心から感謝の意を表する次第です。

■実施概要


「嚥下食ドットコム開設記念セミナー」
日時:平成24年11月30日(金) 13:30~16:30
場所:株式会社エフ・エム・アイ
   〒106-0041 東京都港区麻布台1-11-9 TEL 03-5561-6521
定員:先着100名様限り
参加費:(社)日本医療福祉セントラルキッチン協会・嚥下食ドットコム会員…5,000円/名
    一般…7,000円/名

■進行概要
第一部:講義(13:30~14:30)
「適切な嚥下食提供のための必須条件」
・講師/金谷 節子氏 (浜松大学 健康プロデュース学部 教授)
   ▽
第二部:調理実演(14:30~15:10)
「嚥下食調理の基礎技術と展開方法」~「嚥下食ドットコム」オリジナル提案レシピより~
・講師/小野 准氏 (金谷栄養研究所)
   ▽
第三部:特別講演(15:20~16:20)
「嚥下食と食べられない高齢者への摂食支援」
・講師/牛山 京子氏 (歯科衛生士 広島大学歯学部非常勤講師)

PAGE TOP